家の財産を把握することの必要性について

 

 

離婚を考える場合、一番に揉めるのがやはり金銭的な問題です。
お互いの仕事を持ち、生活費だけを一定額出してそれ以外はそれぞれが資金管理しているような場合などにはそれほど問題にならない場合もあるのですが、奥様が専業主婦でさらに家計を握っていた場合などにはかなり大きな争いになることも考えられます。
奥様が家計を握り、さらに資金管理などを行っている場合には、男性側は家にどれだけ預貯金があるのか、ということすら知らない場合もよくあります。
離婚をする際にはその財産を分割しますので、まずは男性側もどれだけの資産があるのか把握することから始めることがとても大事です。
預貯金などの資産はもちろん、金(ゴールド)や株券などの現物資産、さらには持ち家の場合にはその資産価値もしっかりと調べてください。
また、貯蓄性の高い生命保険なども資産に含まれますので、奥様名義の物も含めてしっかりと確認するようにしましょう。
さらに、個人財産としてみなされるために分割の対象とならないものもあります。
それは個人的な贈与や相続で得た資産、さらには結婚前から持っていた資産などです。
これらの資産がどれだけあるのか、奥様が抱え込んでいる資産はないのか、ということをよく調べたうえで協議に入らないと無意味に金銭的な負担をさせられることも考えられますので、慎重に行ってください。

電卓