日常家事債務について

 

 

妻が夫名義のクレジットカードを使って作った債務は、夫が払わなければいけないのか?

それは中身によります。単純に生活に必要としない高額な商品を購入していた場合は、夫は支払う必要はありません。請求は別れた妻に回ります。しかし生活費をキャッシングで穴埋めしていたとすると夫にも連帯責任があるということで、払わなければなりません。

つまり生活の為に必要だった物を購入したら、それによって生じる負債は日常家事債務となり、夫だろうと妻だろうと支払い義務が生じます。ここでややこしいのが妻の浪費が原因で生活費が不足して、その生活費を補填でキャッシングしても、夫には支払い義務が生じます。要するに原因じゃなくて目的だけで判断するから、夫としてはそんなの払えるかですが、浪費を容認したのが悪いということで残念ながら支払いをさせられます、

それでこういう馬鹿げたことを避ける為には妻にはカードを持たせないことです。そうすれば無駄な連帯責任を負わずに債務の支払いも無くなります。それでも妻が勝手にカードを作り、生活費補填としてキャッシングすると、夫にもそのキャッシング分の返済をさせられますから、こうならないようにもう夫が家計の管理をすることです。そうすれば妻が作った借金は生活に関係ない限り払わなくてすむようになります。