クレジットカードが家族カードや共有名義の場合

 

離婚を決意した時、財産分与だけではなく、債務の責任問題も話し合っていかなければなりません。妻が夫名義のカードで買い物や借金をした時、それが日常家事目的以外の場合は妻が勝手に買い物または融資を受けたとして、夫はその債務を払わなくていいです。
しかし、日常家事目的で使用された場合は、夫婦生活を営むものだったということで夫にも支払い義務が生じます。

日常家事目的で使用とはいえ、本人の預かり知らぬ所で使用されるのはあまりいい気分にはならないので、自身の名義のカードを持たせるべきじゃないです。

そして、クレジットカードが家族カードや共有名義の場合、家族カードは名義人である夫が、妻や子供に使わせていると判断されて、本人が知らないうちに高額の買い物をしていて、それが日常家事目的以外だとしても、夫には支払い義務が生じます。また共有名義だとお互いが連帯保証人となる為に、妻が日常家事目的以外にカードを利用して買い物やキャッシングをしたとしても、妻だけではなく、夫にも支払い責任が生じます。

だからもう自身で管理できないなら、家族カードや共有名義のカードを作らないか、例え事情が有り、作ったとしても、絶対妻には渡さないことです。