夫婦財産制度って何?

 

 

夫婦財産制度とは、夫婦間の財産関係を規制する制度のことをいいます。
さらに、契約財産制度、法定財産制度に大別できます。

前者は、結婚する前に財産の扱いを夫婦間で任意に決める事ができる制度です(民法756条)。
事前に契約をすることにより、離婚の際に生じる紛争を予防できる可能性が高まります。
しかし知名度がまだ低く、かつ、手続きが厳格なため、利用されることはほとんどありません。
よって一般的に、法に定められた制度(法定財産制度)に従うことになります。
民法は以下の事項について規定しています。
・婚姻から生ずる費用の分担について(760条) 「婚姻から生ずる費用」とは夫婦共同生活に必要な一切の費用,養育費等です。
それらを夫婦で分担します。
・日常家事債務に対する連帯責任について(761条) 「日常家事債務」とは、例えば光熱費の支払いといった、婚姻共同生活のための行為(日常家事)から生じた債務です。
この債務に対して夫婦は連帯して責任を負います。
・婚姻中の財産の所有権について(762条) 婚姻中の財産には特有財産と共有財産に大別できます。
前者は、結婚前に夫婦それぞれが所有していた財産や、婚姻中に夫婦のどちらかが得た自己名義の財産のことを指します(例:自分の親から贈与された現金)。
後者は、婚姻期間中に、夫婦の合意に基づいて共同名義で取得した財産(例:不動産、車)のことを指します。
名義がどちらか一方であり、かつ夫婦の合意に基づいて取得した場合、いずれかの財産に属するか不明である場合であっても後者に分類されます。
財産分与の対象となる財産は原則として共有財産のみであり、特有財産は含まれません。